野菜を食べて健康で長生きしよう

野菜で生活習慣病予防

生活習慣病によって、命を落とす方が増えてきております。生活習慣病とは、脳卒中や高血圧、糖尿病などの治りにくい病気です。病気が発症する原因として挙げられるのが食生活の乱れ、睡眠不足、不規則な生活、休養時間の取れないライフスタイル、喫煙習慣、過度の運動、運動不足などが原因です。つまり不摂生な生活をしてしまっている方は、どうしても生活習慣病になるリスクが高くなってしまっているのです。



生活習慣病のリスクを軽減するためには、ライフスタイルを改善しつつ、食生活の向上が必須となります。生活習慣病のリスクを減らす食生活としておすすめしたいのが、やはり野菜をしっかりと口にするということです。野菜には、生活習慣病になってしまう方が不足しがちなミネラルやビタミン、食物繊維などの栄養素が豊富に含まれております。



また、野菜は脂肪分の含有量が本当に少ない低カロリーは食材ですので、生活習慣病のリスクを高めてしまう肥満や糖尿病の予防にも非常に高価的となっております。 生活習慣病のリスクを軽減するためには、トマト、ニンジン、かぼちゃ、玉ねぎ、レモン、ほうれん草、ブロッコリー、ナス、大根、キャベツ、ねぎ、ニンニクなど目に鮮やかな色味のハッキリしている野菜や果物がおすすめです。